• 技術サポート
    Airtac International Group
  • 製品検索
  • エアタックは、材料から部品に至るまでの生産を一貫して自社にて行う事で、製品の安定性、世界市場での素早い対応が可能です。現在の製品製造における自社生産率は90%以上であり、製造コスト、タクトの短縮でお客様をあらゆる方面で支えます。 また、巨額の投資を行い、ドイツ、日本などから様々な先進的生産設備と製造プロセスを導入することにより、生産工場の製造能力を高めています。その中から代表的な2社、寧波エアタックと広東エアタックについて、以下紹介させて頂きます。
  •           

    巨額投資を行い、ドイツ、日本などから全自動巻線機、ダイカストマシン、CNC、フライス盤、射出成形機、加硫機、表面処理、電着塗装生産ライン、シールプレスなどの各種工作機械および精密設備を約600台導入しております。

     

    プロジェクションマツバー、直読分光器、三次元測定器などの測定器或いは試験設備が約200台あり、10本以上のオートメーションラインを有し、先進生産設備と製造プロセスにより、産業チェーンの高度整理?統合を実施、短時間における大量生産を実現、コストを効率的にダウンさせることにより、企業競争の実力を高めています。

     

    広東エアタックは、中国大陸部に初めて設立された生産工場で、電磁弁、空気弁、手動バルブ、ハンドバルブ、機械弁、スピードコントローラーなどの製品があり、十数種類の大カテゴリーの内、40シリーズあまりの数百品種が生産されています。

     

    日本、台湾などから各種フライス加工機械、BO機、旋盤など、数百台の先進機械設備を導入、トップクラスのオートメーションラインによる生産と厳格な工程管理により、生産されるすべての製品の品質を保証しています。