• グループ動向
    Airtac International Group
  • 製品検索
  • エアタック国際グループ研究・開発センター及び国内販売本部着工
  • Source: AirTAC Submit Time:2011-04-27 Click Throughs: 2191 Times
  • A A A
  • 2011年4月27日、「アタック国際グループ研究?開発センター及び国内販売本部」(下記「研究?開発センター及び国内販売本部」と略称)着工式が浙江省奉化市ハイテクパークで行われた。同グループの王世忠取締役会会長、藍順正総支配人、寧波エアタック自動化工業有限公司(下記「寧亜」と略称)の汪海明副会長、同グループ会長特別アシスタント?健良(上海)貿易有限公司の林江帝総支配人、寧亜の李懐文総支配人、グループ研究?開発センターの黄理培副総支配人、グループ及び下位の子会社らの高級主管者?代表者、寧亜各部門の関係者なども今回の着工式に出席した。

     

    当日午前9時、着工式が幸せと平和な雰囲気に始まった。同グループの王世忠会長をリーダーとして、エアタックのすべての関係者はまず「研究?開発センターと国内販売本部」着工式のために祈った。その後、爆竹が鳴らされ、王世忠会長は藍順正総支配人と一緒に「研究?開発センターと国内販売本部」着工式の開催を始め、二十二の金張りの漢字がすぐ見え、すごく輝かしかった。4頭の獅子踊りが踊り始め、王世忠会長が獅子のアイを一つずつ描き、最後に、リーダーたちはともに?開発センターと国内販売本部」の基礎を定め、グループの迅速な向上、成長と絶え間ない経営を祈った。

     

    エアタック国際グループ「研究?開発センターと国内販売本部」が奉化市ハイテクパークに位置し、グループに所属する寧亜工場に近く、敷地面積が2.5万平方メートルあまり、建築面積が4万平方メートル以上、投資総額が一億元人民元だ。新規建設の研究?開発センターが5階の建物で、精密加工ワークショップ、研究所及びオフィスなどを含む。完工後の研究?開発センターで国際でも先進的な加工と検出機器を配備、製品の初期研究?開発から正式運転までの一連のデザイン、サンプル製作及びテストができる。新規建設の国内販売本部が9階の建物で、1万平方メートル以上のストレージ、製品ショーホール、会議室及びオフィスなどを含む。研究?開発センターと国内販売本部」が2012年末までに正式に完工して運転し始まる予定だという。

     

    浙江省奉化市が「中国ニューマチック部品の故郷」という美称を持って、産業群の規模が大きく、労働力資源が豊か、海陸空輸送が発達している優位性のおかげで、当地のニューマチック産業の国内市場でのシェアが三分の一以上に達している。エアタック国際グループ「研究?開発センターと国内販売本部」がここであるのは、当グループが最大限に活用し、「研究?生産?販売」操作のモードへの有効的な統合、優秀化とレベルアップのだけでなく、当グループが研究と開発投資を増やし、販売市場を深く研究し、ブランドサービスを強化して今後の発展を目指すことだ。